奈良県立医科大学輸血部

ADAMTS13測定

院外医療機関用

ADAMTS13測定

ADAMTS13活性・インヒビター測定

ADAMTS13測定

奈良県立医科大学輸血部ではADAMTS13活性およびインヒビター測定依頼を全国から受け付けています。ADAMTS13活性測定検査は血栓性微小血管症(thrombotic microangiopathy : TMA) が疑われる患者さんにおいて不可欠な検査項目です。従来は古典的5徴候(血小板減少、溶血性貧血、腎障害、動揺性精神神経症状、発熱)を満たせば血栓性血小板減少性紫斑病(thrombotic thrombocytopenic purpura : TTP)と臨床的に診断されていました。しかし、現在では国際的なコンセンサスとして原因不明の血小板減少および溶血性貧血を呈し、ADAMTS13活性が10%未満に著減していれば、TTPと診断します。さらにインヒビター(ADAMTS13阻害抗体)が陽性の場合は後天性TTPの確定診断に至ります。一方、2回以上の採血でインヒビターが陰性の場合は先天性TTPが疑われ、遺伝子解析を含めた詳細な検索が必要となります。

なお、当部では国内のTMAセンターとしてコホート研究を継続して行っております。検査依頼をいただいた残余検体や検査結果は既存情報として、TMAの病態解明に関する研究に使用することがあります。ただし、同研究への参加を希望されない場合は以下のオプトアウト文書をご確認いただき、当部までご連絡ください。

<オプトアウト文書>
ADAMTS13 および von Willebrand 因子を中心とした血栓性微小血管症のコホート研究
遺伝性血栓性血小板減少性紫斑病(Upshaw-Schulman 症候群)のレジストリー研究
日本人の血栓性血小板減少性紫斑病患者における ADAMTS13 の Open/Close 構造解析および自己抗体の Epitope Mapping 解析研究
ADAMTS13 活性測定試薬の性能評価
日本における免疫性血栓性血小板減少性紫斑病(iTTP)の前向きレジストリ研究 —Japan iTTP Registry Study (JiTS)—

*検査費用は、当部研究費で賄っております。


依頼・送付方法

1.「ADAMTS13検査依頼書(初回用)」をFAXで送信してください。
*臨床経過は診断のために不可欠ですので、必ず記載してください。
*検体保存の同意について患者さん本人にご確認いただき、検査依頼書にご記入ください。

ADAMTS13検査依頼書(初回用)(word)

<FAX送付先>
奈良県立医科大学輸血部 松本 雅則
FAX : 0744-29-0771

2.FAX受取後、メールでご連絡いたします。

3.メールを受け取られましたら、検体を「ADAMTS13検査依頼書(初回用)」と共に、冷凍で発送してください。
*検体採取方法は下記を参照してください。

フォロー目的の場合は、FAXの送付は不要です。
「ADAMTS13検査依頼書(フォローアップ用)」をご記入の上、検体と共に冷凍で発送してください。

ADAMTS13検査依頼書(フォローアップ用)(word)

4.冷凍した血球と血漿、検査依頼書等をドライアイスとともに保冷用の容器に入れて、冷凍便で送ってください。

<送付先>
〒634-8522 奈良県橿原市四条町840
奈良県立医科大学 輸血部 松本 雅則
TEL : 0744-22-3051(内線3288)

*検査の依頼なく検体を送られた場合は、受け取りできませんのでご了承ください。
*平日の夜間、土日祝日は受け取りできませんので、必ず平日着で送ってください。

 

検体採取・保存方法

ADAMTS13活性およびインヒビター測定検査ではクエン酸血漿を用いて測定を行っています。
クエン酸ナトリウムを抗凝固剤として静脈血採血を行い、遠心分離後に血球と血漿にそれぞれ分注してください。
検体は検査依頼書とともに冷凍便で平日の日中に到着するようにご送付ください。

検体の準備方法

※日本検査血液学会「凝固検査検体取り扱いに関するコンセンサス」を参照

1回の測定につき、5ml程度のクエン酸血漿を送付ください。
(下記参考ください)
① 2ml凝固試験管(クエン酸ナトリウム添加)で5本採血する。
もしくは、
② 15mlコニカルチューブに3.13-3.2%クエン酸ナトリウム溶液1mlを加え、全血9ml採血する。

送付時の注意(不適切な検体では正確に測定することができません)